自ら時給が高い職場に飛び込みましょう

アルバイトの給料は「時給制」で行われている場合が多く見られますが、だからと言って何時間働いてもよいというわけではありませんし、さらに、どの時間に働いても同じ時給というわけ

時給と労働時間の仕組みについて

自ら時給が高い職場に飛び込みましょう アルバイトの給料は「時給制」で行われている場合が多く見られますが、だからと言って何時間働いてもよいというわけではありませんし、さらに、どの時間に働いても同じ時給というわけでもありません。まず労働時間については、1日8時間、1週間で40時間を超える労働を行う場合は「時間外労働」と見なされます。そして高校生の場合は、22時を過ぎた時間帯の労働については法律で禁じられています。さらに休憩時間については、1日6時間以上の労働で45分以上、そして8時間を上回る労働で60分以上の休憩を取る必要があります。ただし休憩時間は時給には含まれません。

次に、働く時間帯による時給の変化については、割増賃金が発生するケースがいくつかあります。まず、上記に挙げた時間外労働(1日8時間・1週間40時間を超える労働)を行う場合は、通常の時給が1.25倍に割増されます。そして深夜22時〜翌5時までの時間帯に労働を行う場合についても、通常の時給が1.25倍になります。また、これらの時間外労働と深夜勤務が同時に行われる場合は、その二つの割増率が合計され、1.5倍の割増賃金になります。さらに、休日勤務の場合については、1.35倍に割増されます。

Copyright (C)2019自ら時給が高い職場に飛び込みましょう.All rights reserved.